‘ブログ’ Category

錦織ツアーファイナル出場決定

2014-11-02

錦織選手が、フェレールとの接戦を制して ツアーファイナル出場を決定させました。 もちろん日本人として初めての快挙です。 上海マスターズで初戦敗退をして、その後の試合を スキップした事で、ツアーファイナル出場が 一部で危ぶ…続きを読む

こんな時どうする⁇

2014-10-31

ラリー中あるいはゲーム中、相手から短いボールが来た時、 皆さんはどう対応しますか? 皆さんにもいろいろなプランがあるとおもいますが、 各レベルでありがちな対応を書いてみます。 初級〜初中級 短いボールを返球後、ネットに詰…続きを読む

貴重な経験

2014-10-29

本日の西郊校のレッスンは 施設側の事情でクレーコート(赤土)で レッスンを行いました。 ボール、手、靴、洋服が汚れたりしますが 足を滑らせて止まって打つ。 クレーコートならではのフットワークを 本日の生徒さんは体験できた…続きを読む

ゲームの流れ

2014-10-28

2ポイント連取の回では リードした時には思い切ったプレーを と書きましたが、それまで堅実に守って ポイントを取っていたり、テンポ良く攻撃して ポイントを取っていた場合には そのプレーを変えてまでポイントを取りに行く 必要…続きを読む

自分のタイミングでボールを打つ

2014-10-26

相手のボールに合わせてボールを打っていると リズムが取れなくて、うまく打ち返せない事があります。 特にストロークでは、相手のボールが遅くても速くても 待ってしまうと、打点が遅れてしまいます。 そこで、ボールに対して自分か…続きを読む

2ポイント連取

2014-10-24

テニスは、2ポイント連続で取らないとゲームを 取れません。 これはタイブレークも同じです。 30-0や40-15といった2ポイント差のついた 状況だと、思い切ったプレーが出来ますし、 相手にかかるプレッシャーも大きくなり…続きを読む

ボレーヤーの動き方

2014-10-23

ネットプレーをしている時の動き方ですが サイドステップを使って動いた方がいいと思います。 特に、ポーチボレーをする時は、相手に逆を突かれてもいいように 一回サイドステップを入れてから、動き出すように してみてください。 …続きを読む

手のひらの感覚を養いましょう

2014-10-22

手のひらとラケット面は基本的には、延長上にあります。 手のひらの感覚が良くなると、スピードコントロール、アングルボレー、 ドロップショット、ロブ等のタッチが良くなると思います。 この感覚を良くするには、キャッチボールやボ…続きを読む

ボールを捕らえる高さ

2014-10-21

ストロークにてボールを落として(低い位置)で 打ってしまっているのを、よく見かけます。 タイミング的には 1、2の、3 で打つタイミングかと思います。 ボールがバウンドして、最高到達点、ツーバウンド直前 どのタイミングで…続きを読む

ダブルスの陣形

2014-10-18

ロブが上がってくるのがいやで、せっかく 平行陣をとっても、少し後ろ目でポジションを とってしまう方が多いと思います。 やはり、チャンスボールを決めるためには 前に詰めることが有効だと思いますので パートナーと話しをして、…続きを読む

空気の悪くなる季節が…

2014-10-17

来てしまいましたね… レッスンにも、体調にも支障が出るので 安定して欲しいと思います。 普段よりマスクを着けたりして 自分を守りましょう。 テニスをしたい気持ちを抑えて 空気の悪い日はお休みをするのも 一つの選択だと思い…続きを読む

女子ダブルス

2014-10-14

本日は西郊にて女子ダブルスの試合がありました。 結果は予選リーグ3位のペアが、本戦トーナメントで 見事巻き返して優勝しました。 リーグ戦でうまくできなかったことを、本戦トーナメントで しっかりと修正した結果だと思います。…続きを読む

イメージすることの大切さ

2014-10-12

本日の東和のJrトーナメントクラスは 人数が少なく、2時間半コートが2面使えたので マッチ練習をたくさん行いました。 その中で、お気に入りの選手の映像をたくさん見ている子供が 素晴らしいプレーを連発していました。 今まで…続きを読む

可動域を広げましょう。

2014-10-11

テニスをプレーする、より良いボールを打つために 身体の柔軟性、特に肩(肩甲骨周り)と股関節の 柔軟性と可動域の広さが大切と思います。 股関節が柔らかく、可動域が広いと身体の捻り、運動連鎖を 行いやすくなります。 肩(肩甲…続きを読む

錦織選手の技術

2014-10-11

今回の上海マスターズでは、初戦で敗退してしまいましたが それまでは2週連続優勝、世界ランクも6位まで上げて グランドスラム大会優勝や世界ランク1位も 夢ではなくなって来た感じがします。 錦織選手が世界のトップレベルで戦え…続きを読む

Copyright(c) 2014 上海インターナショナルテニスアカデミー All Rights Reserved.