Home » ブログ » 久しぶりのテニスをする時、何しよう

久しぶりのテニスをする時、何しよう上海インターナショナルテニスアカデミー 

category : ブログ 2015.2.26

皆様春節明けましておめでとうございます。
久しぶりにBlogをアップします。

今まで吉田コーチが担当していましたが、
今後は椎名が担当します。
よろしくお願いいたします。

昨日からスクールも再開いたしました。
大雨でレッスンはできませんでしたが…

春節の間テニスをしてなく、
久しぶりになる方も多いと思います。

今日は間がテニスの感覚が開いてしまい、久しぶりにテニスを
再開する時にはどうするのかについてお話をしていきたいと思います。

「そんなことわかってるよ」とお叱りを受けるかも分かりませんが、
現場で20年近くレッスンをしていますと、
久しぶりの時の初日の入り方が上手でない人はかなり多いです。
Jr.に至っては普段と違いすぎて泣き出しますからね。

心構えとして、
普段の自分の30パーセントもできれば合格点をあげてください。
簡単にいうと休みボケの状態ですから。100パーセントを望まないでくださいね。

いつもよりも入念にストレッチをして、
体を呼び起こすべく軽くランニングをするのも良いでしょう。

まずはボレーボレーなどをゆっくりと足を動かし、リズムを意識しながら
してくと良いと思います。ミニストロークでも同じことです。
体は固くなっているでしょうし、筋肉も戻ってきていないはずですから。
ボレーボレーは近距離で1にリズム、2にリズムですよ。決してポイントを
決めようなどと思わないでね。ミニストロークも勝負じゃないですからね。

ゆっくりと手のひらでボールの感覚が馴染むまでは、ハードヒットは禁止です。
目も耳も体も感覚を取り戻すまでに管理時間がかかるので、はやる気持ちは抑えてくださいね。

球出しの練習でもそうですよ。

とにかく足を無駄に動かすくらいの気持ちでやっていきましょう。
リズムが戻ってくるまでは、フットワークとリズムを意識です。

実は普段の練習でもそうなんですよ。
とかくみなさんは速いボールに憧れて
いきなりスピードガンコンテストみたいなことをやります。
注意していただきたいのは、速いボール=テニスが上手いではないですからね。
探せば世の中に300キロ以上のサーブを打てる人は居ると思いますし、
ゴルフでも600ヤード以上飛ばせる人も居ると思います。
でもそれでは勝てないんです。

テニスというのは枠があってその中に入れないといけないという単純な原則を忘れてしまって
いる人が多いと思います。

いつも売っているとんでいくボールは自分の思い描いた軌道、回転でしょうか?
それが10球のうちどのくらいでしょうか?

ただ打てばいいというものではありません。

僕は相手として怖いのは、回転、スピードが制御されていてコースも深さも的確な人です。
狙った回転、コース、深さのブレがない人を怖いですよね。
逆にいうと制御されていない速い球は恐怖を感じません。

だってずっと入り続けるはずがないからです。

もう一度テニスのルールを思い出してみてください。
ラインより後ろにバウンドしたらアウトということを!!!

ではコートでお会いできるのを楽しみにしております。

Shanghai
International
Tennis
Academy


taiken1
Copyright(c) 2015 上海インターナショナルテニスアカデミー All Rights Reserved.