Home » ブログ » ストローク時の膝の使い方

ストローク時の膝の使い方上海インターナショナルテニスアカデミー 

category : ブログ 2014.11.29

膝を曲げて伸ばす

上記の動作を行うのは、非常に大切な事だと思います。

膝が伸びたままですと、手打ちになってしまったり、バランスを
崩す原因にもなってきます。

ただ、あまり深く曲げた状態を早く作ってしまうと、
膝を伸ばす力が必要になってしまうので、余計な力を使ってしまいます。

打つ前に、コートを押し込むようなイメージで膝を曲げて
曲げた反動、地面からの反動を使って伸ばしていくと
いいかと思います。

例えば、高くジャンプする時に、膝を曲げた状態から
飛ぶよりも、曲げた反動を使って飛んだ方が
高く飛べるのと、同じことだと思います。

自分の力はあまり使わずに、ボールへ力を伝えられるようにしましょう。

上海インターナショナルテニスアカデミー


taiken1
Copyright(c) 2014 上海インターナショナルテニスアカデミー All Rights Reserved.