Home » ブログ » 手のひらの感覚を養いましょう

手のひらの感覚を養いましょう上海インターナショナルテニスアカデミー 

category : ブログ 2014.10.22

手のひらとラケット面は基本的には、延長上にあります。

手のひらの感覚が良くなると、スピードコントロール、アングルボレー、
ドロップショット、ロブ等のタッチが良くなると思います。

この感覚を良くするには、キャッチボールやボール突きと言った
単純な練習が効果的かと思います。

あとは、グリップを常に持つ様にするといいと思います。

ラケットを持ち歩くのは大変ですが、もし要らなくなった
ラケットがあれば、グリップの部分だけ切り取るのも一つの
方法です。

グリップだけであれば、家の中で振ってもそれほど危なくないですし
自分のグリップを確認するのも簡単です。

実践してみて、タッチを良くしてみて下さい。

上海インターナショナルテニスアカデミー


taiken1
Copyright(c) 2014 上海インターナショナルテニスアカデミー All Rights Reserved.