Home » ブログ » 試合で気を付けたいこと

試合で気を付けたいこと上海インターナショナルテニスアカデミー 

category : ブログ 2014.9.2

皆さんが普段行っている試合はどのような形式が多いですか?

よく使われる試合方式は
アドバンテージ無し、6ゲーム先取、時間マッチ
などポイント、時間に制限のある試合方式だと思います
なのでこう言った試合では、集中力を高めて
必ず相手よりもポイントを先に取るように
意識しましょう

試合前のウォーミングアップも重要です
軽いランニング、サイド、クロスステップ
ストレッチをしっかり行い
身体が充分に温まった状態でコートに入るように
しましょう

試合に入ってのラケットトスですが
レシーブを選ぶのも一つの作戦だと思います
消極的な意味ではなく、1ゲーム目に

キープして当然

と言ったプレッシャーがかかるよりも

ブレーク出来たらラッキー

くらいの少しリラックスした状態で
第1ゲームを迎えるのもいいかと思います

余談ですが
ラケットトスの時に
アップorダウン
と聞くのが一般的です

ウィルソンのラケットなら
MorW
プリンスのラケットなら
PorD

なんて聞き方も出来ます

ちなみに
スムース(平ら)ラフ(でこぼこ)
ですが
これは昔ラケットに、飾りガット(赤や緑の紐を横ガットの
最上段、最下段に付ける物)と言われるものを
付けていることが多かったのですが
付け方的に一方から見ると平ら、もう一方から見ると
でこぼこに見えた事からそう言うように
なったと聞いたことがあります

マークの上下を当てるのに
スムース、ラフではちょっと意味がわからなかったのですが
これを聞いて納得出来ました

上海インターナショナルテニスアカデミー


taiken1
Copyright(c) 2014 上海インターナショナルテニスアカデミー All Rights Reserved.